派遣薬剤師として働くには



一般的に派遣での仕事のイメージというと期間限定であったり、また正社員との格差や疎外感などを持っている方もいるかもしれませんが実際の派遣で働いている方にはそういったことはネガティブなことを考えずに仕事もプライベートも前向きに向き合っている方も多くいます。

ただ、やはり派遣ということである一定の期間、働いてからは違う職場に移るケースも多いのでずっと永続的にその職場で働こうと考えている方は少ないといえます。薬剤師の免許というのはなかなか持っている人が少ないので一般的な企業よりも就職がしやすいといえます。

派遣薬剤師として働こうと考えている方は自分の生き方やあるいは家庭環境のことを考えて時間や期間をある程度決めておいて働く人が多いです。薬剤師でも派遣として雇っているところは多数あります。その病院や薬局にもよりますが、いくつか例を挙げてみるとコンスタント派遣と呼ばれる週に数日間だけ働く薬剤師さんもいます。

また、スポット派遣と呼ばれる人手不足の時だけ月数回働く薬剤師さんもいます。学校でいう非常勤教師のようなものです。また、これは数が少ないですがある期間だけ地方の提携の薬局などに働く出張派遣という働き方をする薬剤師さんもいます。このように一言で派遣の薬剤師と言ってもいろいろな働く形態があります。

派遣薬剤師の良いところとしては正社員や常勤のパートに比べ休みが取りやすいことが挙げられます。加えて、薬剤師パートのよい求人は簡単に見つかりませんし。。長期休暇など派遣社員ならではの休みの取り方も可能です。さらに派遣社員ということで一定期間働けば、その後は契約上、終了するので仮にあまり良いと思わない職場でもこちらから辞めたいと言ったりしなくても契約上自動的に終わるので気持ちよく辞めることができます。

このように派遣での仕事は永続的に仕事をしている方には向かない雇用形態だとは思いますが、自分のライフスタイルに合わせて働きたいと思っている方には派遣での薬剤師というのはとても魅力的な働き方です。 徳島県薬剤師会

薬剤師が正社員で働きたいときに

薬剤師というのは新卒の場合、100パーセントに近い確率で正社員になります。正社員としての就職先は病院やドラッグストア、調剤薬局や企業など様々ですが、幅広い知識を得るために学ぶことになるでしょう。

パートで働いている薬剤師さんの多くは、結婚や出産、子育てを経て復帰したママさん薬剤師たちです。時間に囚われない働き方を選ぶ場合は、派遣薬剤師という方法もあります。

パートで働いている薬剤師さんの多くは、結婚や出産、子育てを経て復帰したママさん薬剤師たちです。時間に囚われない働き方を選ぶ場合は、派遣薬剤師という方法もあります。

とはいえ薬剤師の転職として最も多く選ばれているのは「正社員雇用」です。自分に合った求人を探すためにも、しっかりと求人の条件を把握していく必要があります。

まずは「自分の中で決して譲れないこと」というのをピックアップしておきましょう。それはお給料に関してかもしれません。また、休日に関することかもしれません。勿論人それぞれ違いますよね。気をつけたいポイントは、「提示されている給料額」だけみて判断してしまわないことです。

高報酬の求人というのは、間違いなく何か理由があります。例えば残業が多かったり、職場が遠かったり、といったことです。転職したいきっかけが「残業の多さ」だった場合、転職先が高待遇だったとしても、残業の多い職場だったとしたら、現状と変わらなくなってしまいます。

残業が余りない職場を選ぶのであれば、お給料面では我慢する必要があるでしょう。報酬が若干低くなったとしても、自分のペースで仕事が出来る転職先が見つかったのだとしたら、転職としては成功だった、ということになりますよね。

人によって、理想の働き方は違います。スキルアップしたい、高い報酬を手にしたい、近場の職場に勤めたい、それぞれです。希望の職場で働くためにも、自分にとって大切なことを忘れないようにしてください。譲れない大切な条件を把握できたら、次の段階に進めます。

転職を希望する薬剤師の多くは、専門の人材紹介会社や転職サイトを活用すると思います。これらに登録すると担当のコンサルタントと二人三脚で転職を目指していくことになると思いますが、全ての決定権をコンサルタント任せにしないようにしましょう。

先にも書きましたが、転職の大切な条件というのは人によって違います。また職場と求職者の相性というものも必ずあるものです。ですから求職者自身の職歴と一緒に、性格であったり、理想の転職条件をしっかりとコンサルタントに伝えて下さい。

また気に入った求人が見つかったら、早めにコンサルタントに連絡する必要がありますし、好みでない求人があったら、「どうして嫌なのか」ということを理解してもらう事が大事です。

転職希望の会社や薬局に面接に出かける際は、ポジティブな気持ちを見てもらう事が重要ですが、コンサルタントとの打ち合わせは素直な気持ちを聞いてもらう事が重要といえます。そうする事で、自分に合った案件を準備してもらえるようになるでしょう。

勿論多くの希望が通ることは困難ですが、就職した後に、「こんな筈じゃなかったのにな」となることは予防出来ます。転職サイトなどのコンサルタントを 上手に活用して、転職を成功させていって下さい。

パート薬剤師の良い点とは

薬剤師の資格を持っている女性は、復職後にパート薬剤師という働き方を選ぶ人はとても多いです。新卒時は正社員として就職し、結婚や出産をきっかけに辞め、子育てが一段楽した後にパート勤務する、このような流れの女性薬剤師さんはとても多いといわれています。

パート薬剤師は3、40代が70パーセントを占めているというのも納得です。その70パーセントの中の多くが既婚女性であったり、ママさん薬剤師となっています。パート薬剤師として働く女性はとても多く、イキイキと活躍されていると考えていいでしょう。

年収になりますが200万円未満の方が50パーセント以上となっています。また、1週間の勤務時間は20時間未満に抑えているようです。週の勤務時間によって扶養保健に入れるかという事が関ってくるため、パート薬剤師として勤務する前の休職時には、転職サイトなどのコンサルタントに話を聞いてもらう事が大切です。

扶養の中にいたいのであれば、労働時間も条件として組み込むべきでしょう。他にもパート薬剤師さんが職場に求める条件は様々ありますが、「家の傍にある職場」や、「時給が高い職場などの条件もあるようです。

全部の条件を満たすことは難しいですが、転職サイトなどのコンサルタントに自分の考えをきちんと伝える事で、条件に近い求人を案内してもらえます。

パートで薬剤師として働く人は、患者さんと向き合うだけではなく、正社員の薬剤師さんの手伝いを行うことも必要です。パートの薬剤師が存在するからこそ、常勤薬剤師は心配せずに休憩を取ることもできますし、仕事を休むこともできます。

常勤薬剤師の観点から見ても、パート薬剤師の存在は頼りになる大きな存在だといえるでしょう。パート薬剤師としても、常勤薬剤師の大きなサポートをできていると考えれば、充実感を味わえる仕事だと考えられます。

正社員とは異なりパートの薬剤師は週5での勤務が必須ではありません。例えば1週間に3日、1週間に4日など、自分に合った働き方を選ぶ事が出来ます。

まだお子さんが小さいということでしたら、1週間に2、3日という働き方もオススメですし、子育てが一段楽しているようでしたら、1週間に4、5日といった働き方もできます。上記のようなライフスタイルに合わせた働き方はパートの薬剤師だからできる働き方です。

上司である管理薬剤師に相談したり、小さな企業であれば社長に直接相談してもいいですね。ママさん薬剤師のケースでは、パートとして薬剤師の資格を生かす事が、一番自分に合った働き方のできる方法かもしれません。

とはいえ正社員として毎日働いているママさん薬剤師も少なくありませんので、どちらの方法が自分に合っているかをしっかり考える事が大切でしょう。

パートで薬剤師のお仕事をしている女性は、勤務形態に対する条件が少なくありません。自分ひとりでは条件に合った求人を見つけるのは簡単ではないため、薬剤師専門の転職サイトを上手に活用してみてください。

ページの先頭へ