調剤薬局での薬剤師の仕事とは

調剤薬局での薬剤師の主な仕事は、処方せんをもとに医薬品を調剤することです。 従来は、病院だと院内薬局、診療所では受付で薬をもらっていました。しかし、医薬分業が進み、近年は調剤薬局にて薬を受け取ることが主流となっています。そのため、調剤薬局の数も増加し、薬剤師の求人も増えてきています。

調剤薬局の薬剤師は、患者様が安心して薬を使用できるように様々な業務に従事します。 医師が発行した処方箋に従って、機械的に薬を調合するだけではありません。 患者様がこれまでに副作用を起こしたことがある薬が処方されたりしていないか、薬の量は適切であるか、確認しなければなりません。

特に、小さい子供の場合、体重に合わせて薬を処方しているか、妊婦、授乳中の方、高齢者の方に対しては、薬は飲んだ後に異常を感じていないか、確認することが大切です。こちらをご覧になっている方も、薬局に薬をもらいに行った時に、他の薬は飲んでいないか、薬で副作用を起こしたことはないか、と聞かれたことがあるはずです。

これは、患者さんの状態に合わせて薬を処方するためなのです。薬剤師は絶対にミスが許されない職業です。 万が一、薬の調合を間違えてしまい、それに気づかないで患者様に渡してしまった場合、患者様の生命にかかわる事態を起こすこともあります。

そのようなことを起こさないようにするためにも、調剤薬局では経験豊富な薬剤師を求めています。 街中の調剤薬局では、「薬剤師募集」などといった貼り紙を出しているところもあります。 もし、調剤薬局で薬剤師として働きたいのであれば、このような募集広告に応募するのも良いでしょう。

自分に合った職場を見つけたいのであれば、薬剤師専門の求人サイトに登録することをおすすめします。サイトに登録したら、コンサルタントと面談を行います。そして、過去の職歴を整理し、希望条件などを確認しながら、希望条件に合った職場を探していきます。 また、応募書類の書き方や、面接での自己アピールの仕方などについてもアドバイスしてもらえますので、何かと心強いです。

ページの先頭へ