CRAへの転職を考えるなら

治験に関わる仕事はいろいろありますが、CRA(治験モニター)は その中でも製薬会社寄りの仕事になります。 治験はいろいろな医療施設で行われていますが、それぞれの治験が 正しく行われているかどうかを製薬会社の立場としてチェックするという 役割になります。

新薬が世の中に出る前には必ず治験でいろいろな角度からチェックを しますが、その治験が正しく行われていなければ意味がありません。 ですからCRAはとても重要な役割を担っていることになります。 CRAの仕事内容としては、治験が行われている医療施設を定期的に 訪問して、治験内容が適切かどうかをチェックします。

そして薬の効果が出ているかとか、副作用が出ていないかを取りまとめ、 各種書類を作成したり、諸手続きを行います。 CRAが勤務するのは製薬会社だったり、治験業務を請け負う受託機関が 一般的です。最近では製薬会社の中にCRAを置かず、アウトソーシング している場合が多いようです。

ですから、CRAに転職しても製薬会社で働けるとは限りません。 製薬会社から治験業務を委託された会社をCRO(開発業務受託機関)と いいますが、ここが職場になる人も多いでしょう。

CRAは治験の現場に出向いて多くの人とかかわることから、高い コミュニケーション能力を必要とされます。あちこちの出先に 出向いて、人と接することが苦にならないことが条件になります。

CRAは医師と接することが多い仕事なので、医師と良好なコミュニケーションを 取ることができ、カルテを読みこなす知識を持っていることも大切です。 作成しなければならない書類も多いので、書類作成や管理が苦手な人では 厳しいでしょう。

薬剤師の方で、これまで調剤の仕事をしていたけれど、今度はCRAの 仕事をしてみたいと転職活動をする人もいます。 そうした人たちに大切なのは、コミュニケーション能力に自信がある ことと、面接の際に志望動機をきちんと説明できることです。

薬剤師としての知識はCRAでもきっと役立つはずですから、企業側に 納得のいく志望動機を示すことができれば、転職が成功する可能性は 高くなるでしょう。

ページの先頭へ