薬剤師は在宅勤務でもお仕事できる

実は薬剤師って在宅勤務でのお仕事もできるんです。 と言っても非常に稀なケースですが。 在宅勤務の薬剤師ってどんなお仕事をするのかというと、 医師や消費者から医薬品に関する相談を受けたり、 海外で使われている医薬品に関しての最新情報や研究論文を 日本語に訳し、わかりやすくまとめるなどといったことです。

ですので、調剤をするということはありません。 薬剤師とは国家資格ですのでブランクがあっても 気にすること無く生涯続けることのできる仕事です。 女性の場合は出産などでブランクができやすいですが、 薬剤師の場合はあまり気にすること無くお仕事できます。

ですが、やはりブランクを気にする人が多いようで 出産や結婚がきっかけで職を離れてしまう 女性薬剤師はたくさんいるようです。 そんなとき在宅勤務でしたら、働き方が非常に柔軟であるため 在宅勤務は子育てなどで忙しい女性薬剤師などの 薬剤師としての実務経験や専門知識を活かして 働けるようになるということが狙いです。

ではどこで在宅勤務の薬剤師を募集しているのかというと 病院や行政機関と思われがちですが実際は 製薬会社やその他医療に関係するメーカーが募集しています。 その理由は、自社の製品に対する問い合わせに素早く対応できる、 敏速にアドバイスをすることができるようにするのが目的です。

在宅勤務の薬剤師に海外文献の翻訳を任せたり、 医薬品に関して情報収集する業務を アウトソーシングすることで、現場で働く薬剤師の 仕事の効率を上げることも出来るようになるのです。

しかし在宅勤務という形態はまだ未開拓であるため 非常に少ないのですが、企業が上手く在宅勤務を 事業の中に組み込むことで更にクライアントの満足を 得られるようにビジネスに発展していくかもしれません。 そうすれば更に在宅勤務の薬剤師の求人が 増えていくかもしれません。

在宅勤務の薬剤師はこの他にもフリーランス要素の強い 仕事をすることもできるようになります。 フリーランス要素とは医療事務や診断ツールのシステム開発など 薬剤師の知識を使ったIT関連のお仕事や、 市場開拓や開発に関するマーケティングや コンサルティングなどのお仕事や、医学や薬学に関する 取材ライターなどのお仕事です。

これらのお仕事は基本的にメールやインターネットを通して 行うことができるので出勤する必要がありません。 ですので、薬剤師が活動する現場からかけ離れても 薬学に関する知識を活かすことができる仕事ができるようになるのです。 在宅勤務の場合は、1日の仕事量や仕事の条件などが 変わってきますがWeb上に実はたくさん在宅勤務の情報があります。

しかし、お互いの顔が見えないですので、 受注された仕事をきちんとこなしていき 信頼関係を築いていくことが大切になります。 まだ少ないですが、在宅勤務での仕事がきになる人は 転職や求人サイトを活用してみましょう。

ページの先頭へ